スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

ちょびっとソニコミ攻略 【撮影編】


ソニコミの攻略記事を書く様になってからというもの
1日のブログのアクセス解析の履歴が急激に増えたので、
毎日寝る前にその日1日どんな検索でここに来て頂いているのかを
チェックするのが楽しみの一つになっているのですが、

その解析で今までに何度か
撮影のコツや高得点の出し方を調べて
ここに来て頂いている方を見ました。

撮影で高得点を出すコツやらポイントやらを
ハッキリまとめた様なサイトは見た所あまり無い様で、
確かに私のちょびっと攻略もメインになってるのは
コーディネート評価を高くする為の方法であって、

撮影パートで高得点を出す方法は最初の方に
ちらっといくつかポイントを書いたくらいだったので、
今回は撮影パートで高得点を出す方法に絞った記事を書きたいと思います。




初期の頃よりは大分撮影のポイントも分かってきたので
改めて今現在自分が気にしているポイントを書いていきます。



まず、ロケーションですが、

ロケーションの中でも得点が取り易いものと取り難いものがありますので、
なるべく高得点の狙えるロケーションを選びましょう。

オススメは イベント会場 > 喫茶店 > スタジオ の順番で

左へ行く程高得点の狙いやすいロケーションだと私は思います。

これ以外のロケーションは高得点の狙い易さや
撮影の難易度的にあまりオススメは出来ません。


スタジオは初期から選べるロケーションですが、最終のエピソード7でも
3テイク目の終了時にテンションレベルとゲージが
MAXになる様に心掛けボーナスステージへ突入さえ出来れば、
安定してSS評価のラインである50万点を突破出来るハズです。



さて、ロケーションの次に実際の撮影で気をつける事ですが、


・画面に表示されたターゲットは極力短い時間で撮影する様に心掛ける。

撮影には制限時間がありますが、時間内に表示されるターゲットの数は
確かにある程度決まってはいるのですが、

画面に表示されているターゲットが全て撮影されるか
もしくは時間切れになるかでターゲットが消滅するまで
次のターゲットは画面に表示されません。

つまり、画面上のターゲットを全て撮影し終わる時間が早ければ早い程
次のターゲット表示が早くなり、結果ゆっくり撮影する人よりも
同じ時間で多くのターゲットを撮影する事が出来るのです。


・コンボは何が何でも繋げ続ける。

撮影ではコンボを繋げる事が全てです。
例えパーフェクトやグレートで撮影する事が出来なくとも、
コンボが切れるよりは判定気にせずGOODでも撮影して
とにかくコンボを繋げましょう。

大体100コンボを過ぎた辺りからが撮影の本番だと思って良いと思います。

100を越えた時から時間切れまで、いかに多くのターゲットを撮影し
どこまでコンボ数を増やせるかが勝負です。

なので先ほど書いた短い時間で撮影するというのが
時間内に撮影するターゲット総数の点で重要になります。


・APSはターゲット早送り手段

エンターを押す事で使用出来るAPS(オールポイントショット)は
『ヤバイ!このままだとコンボが切れる!』という緊急時や
そに子ちゃんを撮影中に真後ろや上空を通っていくサブターゲットを
得点稼ぎの撮影に支障をきたさず獲得する為に使う事で役に立つモノですが、

これを使えば画面に表示されている全てのターゲットが
一度に全て撮影出来る為、画面に表示されているターゲットの数が
多ければ多い程ターゲットの早送り効果を期待出来ます。

多ければ多いだけ、それを撮る為の時間がAPS1発で省けますから、
その省いた分だけ通常よりも早く次のターゲットが表示され
ターゲットの撮影総数を伸ばす事が出来ます。

ここは全部撮るのに時間が掛かる!という時や
制限時間が残り10秒を切った辺りで最後の追い込みに使うと
撮影総数アップが見込めるんじゃないでしょうか。


・姿勢変更はこまめに、しかし『話す』タイミングの見極めもしっかりと!

コミュニケーションゲージが溜まる事で使用出来るコマンドは、
基本的には姿勢変更だけを選べば良いのですが、
テンションゲージがMAXの時には話しかけて
テンションレベルを上げる事の方が姿勢変更よりも重要になります。

ただし、テンションゲージは必ずしもMAXになってから
話しかけなければならないものではありません。

というのも『話しかける』のコマンドは選ぶ事により
おおよそ1メモリ分のテンションゲージが増加する為、

実際はテンションゲージMAXの1メモリ手前辺りで
『話しかける』コマンドを選択する事で
MAXになってから話しかけるよりも早いタイミングで
テンションレベルを上げる事が出来ます。


ですが、1メモリ手前だと思って話しかけると
ギリギリでゲージMAXに届かず、結果もう一度コミュニケーションゲージを溜めて
話しかけなくてはならないロスタイムが発生する事が割とあります。

なので、MAXになる前に話しかける事は確かに重要なのですが、
そのタイミングの見極めには十分に注意して下さい。


・撮影が難しい姿勢は避ける。

ちょびっと攻略の最初の方でも書きましたが、
そに子ちゃんのポーズには撮り易いものと撮り難いものがあり、
撮り難いポーズはコンボが最重要なこのゲームでは
致命的となるコンボ切れの原因になります。

コンボ切れを引き起こさない為にも
どのテンションレベルのどのポーズが撮り易く、
また撮り難いのかをしっかりと覚えておく事が大切です。


・テンションレベルが3になった後は極力姿勢を変更しない。

テンションレベルが最大の3になるまでは
テンションゲージを溜まり易くする為に姿勢変更は重要になりますが、
テイク3でボーナス突入を目指す時以外最大の3レベルになってからは
テンションゲージを上げる必要はありません。

なのでボーナス突入を目指さないのならテンションレベルが3になった後は
ひたすら撮影に集中してコマンドメニューは開かない様にしましょう。

姿勢変更はそれだけで時間を食うコマンドになりますので、
やればやる程撮影出来るターゲットの総数が減ってしまいます。

ただ、テイク3でボーナス突入を目指す場合レベル3になった後で
姿勢変更を全くしないと、同じポーズでただ撮影をしているだけでは
テンションゲージをMAXまで持っていくのが難しくなります。

その場合は姿勢変更じゃなく『話しかける』コマンドの選択による
テンションゲージの増加を使って、とにかく撮影しながら
ゲージが溜まる度に話しかけて下さい。

話しかけるコマンドならば姿勢変更の様に撮影中のタイムロスはありませんし、
レベル3になってから大体3~4回話しかける事が出来れば
ゲージをMAXにもっていけるハズです。


・そして最後は当然の事ですが
出来る限りターゲットの撮影はパーフェクトを狙う事です。


ただ、パーフェクトを狙いにいくあまり
移動に時間が掛かってターゲットの撮影が遅くなるのもよろしくないので、
ターゲットの撮影総数が減ってしまいそうなら
パーフェクト狙いはそこまで気にする事はありません。

パーフェクトを取る事よりコンボ数を増やす事の方がずっと重要なので、
なるべく多くパーフェクト取るぞー!くらいの気持ちで良いかと思います。




では、最後に以上の点に気をつけて実際の撮影の一例を紹介します。

今回はエピソード7の3テイクの撮影で
1テイクの得点を30万点以上にするのが目標です。

ロケーションは最も高得点の取り易いイベント会場で行います。



・撮影開始!

撮影説明1

撮影説明2

・開始から15コンボ辺りで最初のコマンド選択。
ゲージが赤くなったらすぐに姿勢を変更します。

撮影説明3

撮影説明3.5

・姿勢を変更した後おおよそ25コンボ前後で2回目のコマンド選択。
この頃にはテンションゲージがMAXになっているので
話しかけてテンションレベルを2にアップさせます。

撮影説明4

撮影説明5

・そしてテンションレベルが2にアップした後、
最初から見て3回目のコマンド選択。
テンションゲージの上昇を止めない為に姿勢を一度変更します。

順調にいけばこの時の姿勢が
テンションレベル3に突入する際の姿勢になりますので、
レベル3になった後一切姿勢を変更しなくても撮影終了まで
問題なくコンボを繋げられる自信のある姿勢を選択して下さい。

私のオススメはイベント会場のレベル3の場合、
立ちポーズが一番安定して撮影出来るんじゃないかと思います。

撮影説明6

撮影説明7

・そして50コンボ辺りで累計で4回目のコマンド選択。
テンションゲージがMAXになっているので
話しかけてテンションレベルをラストの3にアップさせます。

大体残り時間が1分20秒以上残っている状態でレベル3に突入する事が出来れば
30万点前後の高得点が狙える撮影ペースになっていると思います。

撮影説明8

撮影説明9


・そしてレベル3にアップした後は

コンボを途切れさせない事。
画面上のターゲットは極力短い時間で撮影する事。
なるべくパーフェクトを狙う事。

の3つに気をつけてひたすら
そのままの姿勢で時間切れまで撮影をし続けます。

3テイク目でボーナス突入を狙う場合は
繰り返し話しかけてゲージをMAXに上げる事も忘れないで下さい。


撮影説明10

撮影説明11

撮影説明12

撮影説明13

・操作が忙しくてスクリーンショットには撮る余裕がありませんでしたが
残り10秒を切ったら場合によってAPSを使う心の準備です。

ラスト10秒の中で少しでも全部撮り切るのに時間が掛かると思ったら
すぐさまAPSでターゲットの早送りを狙いましょう。

ただ、APSはあくまでその時画面に表示されているターゲットを
撮影するものになりますので、沢山ターゲットが表示されると
予想が出来る場面になったらその時出現する最後のターゲットが
画面に表示されるタイミングをしっかり待ってからAPSを使いましょう。


・そして撮影終了!

撮影説明14

撮影説明15

結果はこんな感じに。何とか30万点を突破する事が出来ました。(´∀`)

要所要所でスクリーンショットを撮影しながらのプレイだったので
ゲージMAXに毎回到達してからのレベルアップだったり
グレートの数が2桁いったりコンボ数が140突破出来なかったりとか、
色々と失敗な点もありましたが、これでも30万は取れました。

気をつければもっと高得点が狙えると思います。


そしてこれを3テイク分繰り返せばボーナス無しで90万点。

ボーナス突入が出来れば100万点も夢ではありません。


3テイクの撮影で毎回90万点以上の高得点が取れる様になると
コーディネート攻略を書いている私が言うのもなんですが
正直コーディネートの良し悪しなんて
ほとんど関係なくSS評価が取れる様になります。

毎回90万点取れるならコーディネート時に
ジャンピングそに子のA評価を作る必要は
残念ながら微塵も無いどころか、
B評価すら3テイクに1つでもあれば十分になってきますからね。(==;

目安としては3テイクの撮影の場合、
コーディネート評価が60%を越えている状態なら
恐らく合計90万点近くを取る事でSS取得が可能です。

60%を切ると100万点以上でもSS評価は取れなくなりますので注意。

私の初めての100万点はS評価でしたw

100万でS


撮影に自信が無いという方や
コーディネートに自信が無く、手持ちの衣装も少ないけど
何とかSS評価を取りたいという方は
是非このやり方を参考にして頂ければと思います。





ちなみにオマケでEP1のグラビア登竜門。

EP1グラビア登竜門1

初期の撮影は撮影時間が3テイクのEP7よりも30秒も長いので、
先ほどの事を気にしながら撮影を行うと、、、

EP1グラビア登竜門

ボーナス無しで1テイクの得点がこんなんになったりしますw




スポンサーサイト

2011年12月18日 | ソニコミ撮影攻略 | トラックバック:0 | コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。